おすすめの業種
政治家(選挙ポスター)

選挙ポスター貼り

■最初に知っておきたい選挙ポスターのルール

選挙活動の中で有権者へのアピールに欠かせない活動ツールが選挙ポスターです。

有権者に幅広くアピールできる選挙ポスターは、どんなに知名度のある有力候補者にとってもなくてはならない絶対的な活動の一つです。

選挙活動は、選挙が公平に行われるように、公職選挙法によって定められたルールに従って行わなければなりません。

ここでは選挙ポスターのルールをについて簡単にご説明します。

・選挙ポスターの種類

選挙は政治活動の一部の行為でありますが、公職選挙法では『選挙運動』と『政治活動』は区別して定義されています。

政治活動は、その自由が憲法で認められていることから、活動の制限がほとんどありません。しかし、選挙運動も同様に自由に行われてしまうと、資金力の差で不公平が生じてしまう可能性がありますので、選挙を公平に行うために選挙運動には厳格なルールが定められています。ここを一緒くたにしてしまいますと、法令違反になり厳しい罰則を受けることになってしまいます。

ポスターにおいても、『選挙運動』と『政治活動』を区別してルールを把握する必要があります。

・政治活動におけるポスターのルール

政治活動のためのポスターは、ベニヤ板やプラスチック板を用いて掲示する裏打ちポスターは禁止されています。

「個人用」と「政党用」があり、個人用は候補者の政治活動のために使用されるもので、任期満了日の6カ月前から掲示することができません。政党用は、政党や政治活動を行う団体がその政治活動のために使用するポスターで、公示日の翌日から選挙期間を除いて常時掲示できることになっています。しかし候補者の氏名やその氏名が類推されるような事項が記載さえる場合は掲示制限の対象となります。

その他、事前運動に当たる恐れのある行為や建物等の所有者に許可なくポスターが貼られることも不正行為となりますので留意しましょう。

・選挙運動におけるポスターのルール

選挙ポスターは公営掲示場所にのみ掲示されます。掲示責任者と印刷責任者の住所と氏名(法人であれば会社名)の記入が必須となっていますが、内容やデザインについてのルールはありません。

そして重要なのが『長さ42cm×幅30cm』というサイズです。このサイズを1mmでも超えてしまうと違反になってしまいます。例えば、防水対策にラミネート加工をする場合もありますが、ラミネート部分も含め規定サイズに収める必要があります。

用紙の規制サイズだとA3 ( 42cm×29.7cm ) がほぼ同じ大きさで、A3サイズで作成されることが多くあります。形に決まりはないので、サイズ内でしたら自由な形に作ることができます。

■選挙ポスター掲示のポイント

選挙運動の中でメディアや講演を使用した活動は主張を伝えるのに効果的ですが、政治に興味のない人には届きにくいところもあります。しかし、政治に関心のない人でも無意識に目にするのがポスターです。有権者に存在を認識してもらうために、ポスターには絶対的な効果があります。

ポスターを掲示する際のポイントをしっかり押さえておきましょう!

・掲示期間

認知度を高めるために効果を発揮するポスターですが、その効果を無駄にしないためには、できるだけ長期間掲示することが必要です。

選挙中も何日経っても掲示板に候補者の顔が出ないと、認知度を高めることができないうえに、やる気がないようにも見られてしまいます。定められた期間内でフルにアピールができるように準備をしましょう。

・掲示場所

選挙中の選挙ポスターは公営掲示場所にのみ掲示が認められています。選挙期間以外の政治活動用ポスターの場合は掲示場所の所有所の許可をえることにより様々な場所に掲載することができます。できるだけ人の目に触れる場所に掲示をしましょう。

・「2連ポスター」「3連ポスター」

政治活動におけるポスター貼りでは、著名人や弁士と候補者のポスターを並べて掲示して、講演会の告知や講演活動などを行うことがあります。並べて貼るので「2連ポスター」「3連ポスター」などと呼びます。事前活動に該当しないように留意する必要がありますが、有権者にインパクトを与えるのに有効な貼り方です。

・貼り方

せっかく出来の良いポスターを用意しても、掲示期間中に剥がれてしまったり、ボロボロになってしまったりしたら、逆に印象を悪くしてしまうこともあります。掲示期間中、ポスターがベストな状態で掲示されるような工夫も大切です。

掲示場所の状態によって貼り方を考慮しましょう。例えば、屋外に掲示する場合はポスターが傷みやすいので、雨風に強いポスター用紙を使用することや壁などの掲示面の素材も考慮して貼り付けることが必要になります。

最近は屋外の掲示に適したポスター素材としてユポ紙が主流になっています。ユポ紙はポリプロピレンを主原料としたフィルム合成紙なので水分を吸収することがありません。強い耐久性もあるので屋外での掲示にとても適したポスター素材となっています。

接着方法も様々ありますが、接着面の素材に合わせてテープや画鋲などを使い分けることで期間中に剥がれ落ちることの無いようにしましょう。

また、接着方法を誤ると撤去時に剥がすのに苦労することや、壁などの接着面を傷つけてしまうこともあります。「貼り方」にも留意して掲示をしましょう。