スタッフ募集

お仕事について

お店やお宅に許可を頂いてポスターを貼らせて頂くお仕事です。 色々なエリアでお仕事があるので、ご都合に合わせて働けます。

時間も慣れてくれば、比較的自由ですので主婦の方や他にお仕事をしながらなんて方も大勢います。 もちろん、フルタイムでお仕事されてる方もいます。


ポスター貼りの一日

会社でポスターを受け取る⇒

担当エリアへ移動⇒ お店、お宅に許可を頂いて貼らせて頂く⇒

住所をメモ(繰り返し) ⇒終了後、会社へ余ったポスターを返却

※慣れてくれば、直行直帰も可。


研修

研修期間は、2週間になります。

その間に先輩と一緒に仕事をして覚えていってもらいます。

わからない事もこの期間に覚えていけますよ。


 

募集要項
報酬 完全歩合給制もしくは、時給制

※詳しくはお問い合わせください。
内容 民家、商店等を訪問して、
許可を頂いた上でポスターを貼るお仕事です。
時間 9:00〜19:00(1日6H〜8H程度)※応相談
資格 18歳以上※男女、年齢、経験一切不問

年輩の方もがんばっております!
学生、フリーター、長期勤務可能な方大歓迎!
営業経験者大歓迎!
募集地域 関西地区 東海地区 関東地区 九州地区
待遇 昇給有り、交通費全額支給、報奨金有り
ご応募 お気軽にお電話、メールを下さい。
連絡先 075-213-7644  ポスター貼り求人係まで

 


ご応募はこちらのメールフォームよりお受けいたしております。

ポスター許可貼りスタッフ

応募メールフォーム

* は必須入力
* お名前
ご住所
* お電話
 携帯電話
* メールアドレス
生年月日
お仕事経験
自己PR

解決!街頭ポスター貼りアルバイトの不安や疑問

ポスターの許可貼りは、クライアントが希望するエリアの商店・企業・住宅の所有者に掲示の許可を得たうえでポスターを貼らせていただくお仕事です。仕事に慣れると自分のペースで働くことができるので、主婦や副業、学生、フリーターの方などに人気のお仕事です。しかし、初めての方にとっては未知のお仕事で、わからないことだらけではないでしょうか。ここでは、ポスター貼りのお仕事で皆さんが不安に思っていることや疑問に思っていることについてお答えしていきます。


Q 1、ポスター掲示のお願いをすると断られることが多いのでは?

⇒もちろん、「ポスターの内容がお店 ( 企業・住宅 ) のコンセプトが合わないから」と言った理由でお断りされることもあります。また、メンテナンス面をご心配されることもあります。
「貼り付け跡が残らないか?」「街頭で雨風にさらされた場合、ポスターがボロボロになって見た目が悪いのでは?」などということです。このメンテナンスについては対策をとっていますので、しっかりとご説明すればご理解いただけます。
掲載していただくことで店内が賑やかな雰囲気になったり、ポスターがきっかけでお客様と会話が弾んだりして集客につながることもありますので、そのようなメリットを伝えてみるのも良いでしょう。
しかし、案外お店や企業の方はポスター貼りの依頼に慣れているものです。特に駅近くや商店街など通りに面するお店には様々なポスター掲載依頼が来ますので、当たり前のように掲載を承諾してくることが多くあります。ただ、お店や企業の営業中にお願いしに行くわけですから、営業のご迷惑にならないよう礼儀を守りましょう。

 

Q 2、求人情報などを見ると主婦におススメのお仕事としてポスター貼りが紹介されていましたが、なぜポスター貼りは主婦におススメなのでしょうか?

⇒家事や育児といった家庭のお仕事というのは家族の時間に合わせることが多く、お母さんは自分のまとまった時間を取るのが大変難しいはずです。ポスター貼りのお仕事は固定の勤務時間はなく、比較的自由に時間を使うことができるので、例えば今日は子供の帰りが早いから午前中だけ仕事をしよう。とか、午前中は学校の保護者会があるから午後から仕事を頑張ろう。というように、自分のペースで働くことができるのです。空いた時間を上手く利用しながら効率よく稼ぐことができるので、主婦の方や学生さん、フリーターの方に人気のお仕事なのです。

 

Q3 、お店や企業に、どんな風にポスター掲示のお願いをしたら良いのですか?

⇒最初に研修期間を設けており、その間に必要なことをお教えしますのでご安心ください。

大まかな流れは以下の通りです。

@営業の妨げにならないタイミングを見計らってご挨拶

A目的を告げる/ポスター掲示をお願いする

B掲示させていただく

Cお礼を言い退店する

慣れてくると所要時間は5分もかからない程度です。ポイントは、できるだけお店が空いている時間を見つけることと、印象良く挨拶をすることです。人の印象は挨拶の時点で決まってしまうので、最初の挨拶がしっかりできていないとその後の話を聞いてもらえなくなってしまいます。明るく元気な挨拶をするだけで、目的がスムーズに伝わるようになりますのであとは簡単です。


掲載の許可を取っていただくことにより、クライアント企業は安心して広告を行うことができます。広告の受け手であるお客様も日ごろ馴染みのエリアや商店にあるポスターなら安心して情報を受け取ることができます。商店・企業・住宅に掲示の許可を得ることによって、多くの人のためになるお仕事なのです。

■どんなポスターを貼るの?
学習塾/英会話/習い事/不動産/探偵会社/車販売/映画宣伝/アミューズメント施設/ミュージカル・演奏会宣伝/イベント告知/講演告知/テレビ番組宣伝/選挙ポスターなどのポスターを掲示していただきます。

■どこにポスターを貼ればよいの?

それぞれのポスターによって、適した掲載場所というのがあります。
例えば、学習塾のポスターでしたら、まずは小・中学校の校区内に的を絞ります。学習塾に通うのはお子さんですが、実際に入塾を決定するのは保護者の場合が多いはずです。お子さんの進路決定に向けて、送り迎えや勉強のサポートをするのはお母さんの役目になることが多いでしょうか。すると、入塾のためにはお母さんにポスターを見ていただく必要があります。多くのお母さんが毎日通うスーパーでしたら、お母さんの意識にポスターの印象が残りやすくなるのではないでしょうか。また、コンビニでしたら、深夜遅くに帰宅するお父さんも立ち寄る機会があるので、お父さんの理解も得やすくなるかもしれません。
このようにポスターに応じたターゲットに絞って掲示をすることがポスターの効果を高めます。ポスターの目的に応じたエリアの選定はクライアントからのご指示をいただくことになっていますので、クライアントが選定したエリアに掲示をしていただきます。


■ポスターのメンテナンスについて
ポスターを貼ったあとに気になることが
@途中ポスターが剥がれ落ちてしまわないか、雨風などでボロボロにならないか
A貼る壁は傷つかないか
と言うことのようです。

このようなことが起こらないように行っていることの一つが、貼り付けの際には数種類のテープや画鋲を使いわけているということです。
壁などの接着面に傷跡が残らないように、また、すぐに剥がれ落ちてしまわないように適した粘着力、止める力のあるものを使う。ということをしています。

また、ポスター用紙自体も屋外で貼ることを想定して、雨風に耐えられる耐久性と防水性のある用紙を用いていますので、簡単にボロボロになって外観を損なうこともありません。

ポスターの掲示を開始していただいた後は定期的にポスターの『貼り替え』か『撤去』をしていますので、掲示の許可をいただいた皆様のお手間を取らせたり、ご迷惑になるようなことはありません。

このように、期間中にポスターができる限りベストな状態を保つような掲示をしています。

 


お問い合わせはこちらのメールアドレスよりお受けいたしております。

メールアドレス: poster@tkm-inc.co.jp

 
おすすめの業種